夏の足の臭いの原因と対策

夏になると足が臭いのはどうして?原因は?対策はある?

 

暑い夏がやってきましたね。

 

 

体中汗びっしょり。

 

 

もちろんいつもより足の汗もかきます。

 

 

そうするとに臭いんですよね〜足が。

 

 

自分の臭いって慣れてしまうからわかりにくいといいますが

 

 

それでもわかってしまう激臭は、

 

 

 

周りの人にとって恐怖を通り越して怒りになります。

 

 

お友達の家に上がることになったり

 

 

急にお座敷で飲み会の予定が入ったり

 

 

靴を脱ぐときは突然やってきちゃうんですね。

 

 

そんな時にこんな臭い足だと

 

 

せっかくの楽しい時間も台無しです。

 

 

夏になると決まって足の臭いに悩んでしまうあなたに

 

 

いつでも無臭な足でいるための

 

 

今日からできる改善方法をお伝えします。

どうして足がにおってしまうの?

 

汗かきではない人でも、足は一日にコップ1杯の汗をかくといわれています。

 

 

これは一年を通しての量なので、汗っかきの人や暑い夏はさらに汗は増えますね。

 

 

ただ臭いの直接の原因は汗ではなく繁殖した細菌です。

 

 

汗は基本的に無臭なのですが、汗に含まれる塩分や水分が

 

 

細菌を活発にさせてしまう要因になります。

 

 

皮膚に住み着く細菌が汗に反応して分解の過程であの強烈な臭いを発生させます。

 

 

なので汗の量が増えると細菌の量も増えるので臭いも強くなるというワケです。

夏に足の臭いを発生させない方法

 

身体のケア

 

 

足をよく洗うことが最も効果的です。

 

 

指と指の間まで丁寧に洗います。

 

 

この時に殺菌消臭効果の高い薬用石鹸を使うこともポイントです。

 

 

柿渋やジャムウ石鹸には足の臭いを軽減する薬用成分が含まれています。

 

 

かかとのガサガサも臭いの原因になります。

 

 

軽石や金属のやすりでやさしく削り取りましょう。

 

 

つるつるのかかとを目指してくださいね。

 

 

夏の足が臭い

 

 

 

足の角質が臭いの原因だった?!

 

 

忘れがちなのが爪のケアですね。

 

 

爪にはアカや汚れが入り込みやすくチーズのような臭いを発生させます。

 

 

爪は短く切り、入浴の際には爪ブラシや使い古した歯ブラシで爪のごみを

 

 

取りのぞくことで臭いを軽減できます。

 

 

靴のケア

 

 

靴が吸った汗はしっかりと乾くまでに2〜3日はかかるといわれています。

 

 

汗が乾ききる前にまた同じ靴をはくと湿気でさらに蒸れやすくなってしまうんですね。

 

 

なのでできれば靴は2〜3足をローテーションするのが臭い対策には効果的です。

 

 

また吸収性の高い靴下をはくのもおススメです。

 

 

最近では働く女性のために5本指のパンスト(ストッキング)もありますね。

 

 

ただやはり靴下ほどは汗を吸わないというのと、

 

 

靴を脱いだ時の見た目がもう少し改善されるといいんですが・・・

 

 

殺菌消臭アイテムの活用

 

 

足の汗や細菌は落としにくいという特徴があります。

 

 

どんなによく洗っても靴のケアをしても、いまいち臭いがすっきり落ちないこともあるんですね。

 

 

それならそもそも細菌が繁殖しないように足の汗を抑えてしまいましょう

 

 

足の制汗剤ですね。

 

 

朝、お出かけ前に足につけるだけで長時間汗をかかずにさらさらが持続します。

 

 

しかも殺菌消臭効果の高い制汗剤なら、

 

 

すでに皮膚に住み着いている細菌にもアプローチすることができますよ。

まとめ

 

夏は汗の量も増えるので、足の臭いが悪化しやすいです。

 

 

でもきちんとした方法を知っていれば臭いはなくすことができます。

 

 

もう夏はこわくありません!

 

 

自分のためにも周りの人たちのためにも今すぐ対策をはじめましょう。

 

 

無臭の足で夏が来るのが待ち遠しくなっちゃいますよ!