足のぬるぬるの原因と対策

足がぬるぬる気持ち悪い!大量の汗でいつもベタベタ

 

足が汗でぬるぬるすると気持ち悪いですよね。

 

 

しかも靴を脱いだら鼻をつまむくささ

 

 

その場から逃げ出したくなります。

 

 

私は長年足汗に悩んできました。

 

 

足汗ってホントやっかいです。

 

 

周りに迷惑をかけるほどのにおいが発生しますし

 

 

中敷きは汗でぐっしょりなので、すぐにペロっとはがれます。

 

 

なのでお気に入りの靴も長持ちしません。

 

 

足のぬるぬるの原因と対策についてお伝えします。

足がぬるぬるするのはどうして?

 

足は一日でコップ1杯もの汗をかきます。

 

 

つまり200ccの汗が足から発生して靴についているというワケです。

 

 

想像しただけでもはきそうな光景です。

 

 

これだけ汗がでるのですから、においが発生してもおかしくないと思いませんか?

 

 

足の裏や指の間には汗腺が集中しているので

 

 

もともと汗をかきやすい場所です。

 

 

でも本来、足から発生している汗は無臭なんですって!

 

 

ビックリですよね。

 

 

ではどうして足がくさいくさいになるのかといいますと・・・

 

足がにおってしまう原因

 

足から発生している汗は水分なので無臭です。

 

 

問題なのはその汗が大好物な雑菌です。

 

 

皮膚には常在している雑菌がいます。

 

 

雑菌は汗が大好きなんですね。

 

 

汗をエサにして繁殖し、分解する過程でにおいを発生します

 

 

足から発生する汗と皮膚に住み着く雑菌が合わさることで

 

 

私たちを悩ます「足クサ」の完成というワケなんです。

 

 

かかとのガサガサは足が臭い原因?!

足汗を抑えることでぬるぬるもにおいも軽減

 

誰でも多少なりとも足に汗をかきますが、

 

 

汗のかく量には個人差が大きいです。

 

 

もともと汗腺が多い人は汗っかきさんです。

 

 

足がぬるぬる

 

 

この汗腺の量は遺伝が大きく関わっているので

 

 

家族みんなで汗っかきということもめずらしくありません。

 

 

足に汗をかきやすいとにおいにも悩むことになります。

 

 

靴の中は冬でも湿度が高く汗をかきやすい場所ですね。

 

 

しかもにおいを発生させる雑菌たちは湿った場所が大好き

 

 

どんどん繁殖してばんばんにおいを出します

 

 

もうどうすりゃいいのぉぉぉぉぉぉ〜と叫びたくなりますね。

 

 

効果的な方法は足の汗を出ないようにすることです。

 

 

足汗がでなければ雑菌のエサがないので、においが発生しにくくなります。

 

足の汗を抑えるには

 

一度足についたにおいは簡単には取れません。

 

 

靴下を交換して足の雑菌や汗を洗い流す必要があります。

 

 

でもそんなことしていられませんよね。

 

 

それなら汗をかく前に制汗してしまうのが一番手っ取り早いです。

 

 

制汗剤といえばドラッグストアにあるスプレーを想像しませんか?

 

 

私も今までいくつもの制汗剤を試してきました。

 

 

でもね、足汗に特化した制汗剤はまだまだ少ないんですよね。

 

 

脇や背中などの制汗剤を足にスプレーしたこともありますが

 

 

まったく効かないどころかかゆみが出たこともありました

 

 

そこで私がたどり着いた方法が

 

 

足のために作られた制汗剤でした。

 

 

一日2回汗のでやすいところやにおいが気になるところにつけるだけで

 

 

ぬるぬるしないし一日中さらっさら。

 

 

今までの悩みはなんだったのかと思うくらい

 

 

足の汗もにおいもなくなりましたよ。