夏の足汗対策

足汗は夏に急増?!その原因と気を付けたいこと

 

夏は素足にサンダルを履くことが多いですね。

 

 

すずしくていいんですが、汗でベタベタしたり臭いがしてきたり

 

 

さまざまな足汗トラブルに頭を悩ませることになります。

 

 

夏の足汗の原因と知っておきたい対策とはどんなことでしょうか?

足汗の原因とは?

 

足は汗をかきやすい場所

 

 

足の裏には汗腺が集中していていて、体の中でも特に汗をかきやすい場所です。

 

 

普通の人でも一日に約200ccの汗をかくといわれています。

 

 

汗っかきの人や一日中靴を履いて歩きまわる人なら

 

 

もっとたくさんの汗をかきますね。

 

 

また女性はパンストにパンプスを履くことも多く

 

 

通気性の悪さから大量の足汗をかくことも少なくありません。

 

 

 

同じ靴を履いている

 

 

汗をたっぷり吸った靴は完全に乾くまでに数日かかるといわれます。

 

 

お気に入りの靴ばかり履いていると、汗が乾ききらずにさらに汗をかき

 

 

靴の中はムレムレになります。

 

 

そうなると靴のにおいは強烈で足も臭くなってしまいます。

 

 

2〜3足をローテーションさせて、はいた靴は2〜3日休ませましょう。

 

 

 

遺伝や体質

 

 

汗っかきの体質だったり多汗症の症状がある場合、

 

 

暑い夏は特に汗の量が増えます。

 

 

汗をかきやすい人は汗腺の量が多いと言われますが

 

 

これは遺伝が大きく関係しています。

 

 

考えてみたら家族全員汗っかきだったということも。

 

 

 

ストレス

 

 

緊張すると冷や汗や脂汗をかくことありますよね?

 

 

汗は精神状態も影響します。

 

 

ストレスを強く感じたり、緊張が続いたりすると足汗も増えてしまいます。

 

 

 

足汗の対策とは?

 

足を清潔にする

 

 

足の汗はこまめにふいたり洗ったりすることで、蒸れや臭いを軽減することができます。

 

 

汗をそのままにしないことが大切なんですね。

 

 

夏の足汗対策

 

 

 

足に合った靴をはく

 

 

足に合わない靴はストレスを感じやすく足の汗を増やします。

 

 

またぴったりしすぎる靴は通気性が悪く汗を外に出すことができないので

 

 

蒸れやすくなります。

 

 

自分の足に合った靴を選びたいです。

 

 

 

靴を休ませる

 

 

たくさん靴をもっているけど、いつも履いているのは同じ靴ばかりってことありませんか?

 

 

お気に入りの靴ってそうそうありません。

 

 

私なんて「幅広で甲高」なので自分に合う靴ってなかなか見つからないんですよね。

 

 

そうするといつも同じ靴ばかり履くことになります。

 

 

靴が傷むのも早いし、休ませることができないので臭いも強烈です。

 

 

なので最近では靴を買う時に色違いや同じものを3足買うようにしています。

 

 

その時の出費は多くなりますが、靴も長持ちするので結果的にお得になります。

 

 

靴をしっかり休ませることができるので臭いも気にならなくなりましたよ。

 

 

 

足汗をおさえる

 

 

一度足に汗をかいてしまうと臭いがでてきたりベタベタしたり、

 

 

外出先では拭いたり洗ったりも難しいですよね。

 

 

パンストなんか履いていたら脱いだり履いたりも簡単にできません。

 

 

そんな時は汗をかく前に汗を抑えてしまいましょう。

 

 

足の制汗剤です。

 

 

朝、足につけるだけで一日中さらさらで汗を気にすることもありません。

 

 

汗を抑えることができ、臭いやべたつきを予防することにもつながります。

 

 

緊張することが予想できる日はあらかじめ足につけておきます。

 

 

カバンにひとつ入れておくと安心です。

 

 

急に靴を脱がなければならないことがあっても安心ですよ。

 

 

サンダルに足跡がくっきりついちゃった?!対策は?