足のにおいは角質ケアでなくす

足の角質がにおいの原因だった?!効果的なセルフケアとは?

 

足のにおいに悩んでいる人は角質が厚いという特徴があります。

 

 

この角質がにおいの原因になっていることを知っていますか?

 

 

角質とにおいの関係についてまとめます。

 

角質が厚くなるのはなぜ?

 

角質とは足の表皮が剥がれ落ちずに残ったものをいいます。

 

 

肌は28日周期で生まれ変わっていて、古くなった表皮は自然に剥がれ落ちます。

 

 

ではなぜ剥がれ落ちずに残ってしまうのかというと・・・

 

 

乾燥」と「刺激」による影響が原因です。

 

 

足の裏やかかとは全体重がかかる場所です。また素足でいることで歩くたびに刺激を受けたり

 

 

紫外線にさらされることも多いです。

 

 

このように外部の刺激を毎日受けた足の裏やかかとは乾燥でガサガサになりやすいんですね。

 

 

 

かかとのケアをしないでおくとガサガサになり、白く粉をふいたりひび割れたりします。

 

角質がにおいの原因に!

 

足の臭いの原因は汗に細菌が繁殖することで発生します。

 

 

でも実は足の汗自体は無臭なんですね。

 

 

ではどうして臭くなるのかというと、足の皮膚にすみつく常在菌が汗を分解することで

 

 

あの強烈な臭いを発生させているんです。

 

 

この常在菌は角質や垢、皮脂も大好き。

 

 

角質のある場所に繁殖するので足が臭くなるというワケです。

 

 

角質ケアでにおいをなくす

 

角質がにおいの原因になることをお伝えしました。

 

 

でも角質のケア方法っていろいろあってどれがいいのか迷いませんか?

 

 

ここでは効果的なケア方法をお伝えします。

 

 

足洗っても臭い

 

 

固い部分を削る

 

 

一番よく知られている方法がこちらですね。

 

 

軽石や金属のへらでかたくなった部分をこすります。

 

 

お風呂上りの皮膚が柔らかくなった状態で、力をいれずに軽くこすることがポイントです。

 

 

あまりゴシゴシすると大事な表皮まで削り取ってしまい余計にガサガサになってしまうので

 

 

力の入れ過ぎには十分注意したいです。

 

 

マッサージをする

 

 

スクラブ入りのクリームでくるくるとマッサージすることで角質を除去します。

 

 

削り取るよりも優しいので肌を傷つける心配は少ないです。

 

 

しかし成分が弱いのですぐに効果を感じにくいというデメリットもあります。

 

 

時間はかかりますが、毎日こまめにケアができるという方にはおすすめの方法です。

 

 

古い角質をまることはがす

 

 

ベビーフットと呼ばれる角質除去グッズが流行りましたよね?

 

 

足型の袋にピーリング剤を入れて足を漬けておくと古い皮膚がむけるというものです。

 

 

まさにずるっと足全体の皮がひと皮むけたようになるので

 

 

最初に見た時はかなり衝撃的でした。

 

 

何日がかけてぽろぽろと剥がれ落ちてくるので、その間は日常生活にもかなり影響があります。

 

 

またピーリング剤による肌トラブルも報告されているので

 

 

肌の弱い方はパッチテストをしたほうが安心です。

 

 

 

角質をケアすることでにおいの軽減が期待できます。

 

 

ただ時間がかかるんですよね。

 

 

また乾燥しやすい冬場は充分な効果が得られないこともあります。

 

 

においの原因のひとつは汗ですから、汗を防ぐことで手っ取り早くにおいをなくすことができますよ。

 

 

足汗の臭いには洗い方も大事!